個人向け融資の種類

個人向けに融資を取り扱っている金融機関は様々あります。都市銀行・地方銀行・信託銀行・信用金庫・労働金庫などの銀行や今では店舗を持たないネット銀行も多く存在します。その他に、住宅金融支援機構・日本政策金融公庫などの公的機関や保険会社からの融資・カードローンなどを扱っている消費者金融などがあります。保険会社の場合の融資とは、契約者の貸付を利用するということになります。例えば、貯蓄性の保険に加入していると契約者の積立金から利用することができます。他にも、勤めている者であれば、会社を通じて財形貯蓄を行っていると様々な融資が受けられます。銀行や金融機関は、個人向けに多種多様な融資を行っています。例えば、住宅の購入やリフォーム費用・自家用車の購入や修理、車検の費用などや入学金・授業料や資格取得などの教育にかかる資金などや多目的に利用できる融資も利用しやすくなっています。審査をクリアすれば、パートやアルバイト、主婦や学生でも融資を受けることができます。このように、さまざまな用途に対応した融資を行う金融機関があり、それぞれ申し込み審査や返済方法・金利・融資限度額などは違いがありますが、幅広い年齢層にも対応しています。金利に関しては、公的機関や契約している保険を利用する場合などが比較的、低金利となっています。しかし、借りすぎに注意し収入と返済のバランスを考えて、資金計画を立て、出来る限り低金利で利用できることが望ましいです。

銀行や公的融資

銀行などから融資を受ける場合は、審査のスピードや保証人・担保の有無や限度額・借入期間や返済金利の種類などさまざまです。審査の基準は、年齢・収入・勤続年数などが審査対象となり、審査には必要書類が必要となります。運転免許証・パスポート・健康保険証などのコピーや所得証明などが必要です。例えば、マイカーローンや教育ローンなど目的があ・・・

保険会社からの融資

保険会社から融資を受ける場合は、はじめに述べましたが、貯蓄性の保険に加入している事です。例えば、養老保険や学資保険などがあります。その保険の解約返戻金から貸付が利用できるといい、その返戻金から一定の範囲内であれば利用できます。保険会社よってそれぞれ違いはありますが、資金使途は自由で低金利となっており、手続きも比較的簡単と・・・